読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらとら+

はてなブログを歩いて感じた僕の雑記ブログ

10年後の部活動の思い出

Advertisement

お題「部活動」

 

とうとう今年で高校を卒業して10年後になります。

もうそんなに老けちゃったのか俺はよーとか友人に語ることも多くなりました。

10年前が高校生だなんて考えるとちょっとこわすぎw

 

そんな10年前を振り返って

部活動の思い出を語ってみたいと思います。

 

あれはそう、10年前です。

ぼくは野球部でした。

 

実は野球を始めたのは高校に入ってからです。

理由は結構、しょうもない理由。

 

 

中学生の頃に読んだドカベンが面白く、

特にドカベンの続編的な漫画である大甲子園という漫画にはまりまくり、

読んでいるとまるで自分も甲子園というマンモス球場で野球をやっている気分に。

 

当時、中西球道の凄まじさには脱帽し、

お、俺もこんなピッチャーになりてぇ!と何を思ったかその日からバレー部なのに野球の練習を始め、甲子園に行きたいと軽々しく思い高校は野球部に入ろうと思いました。

 

そのせいで高校三年間が悲しいことになるのですが・・・。

 

そんなぼくが入った高校は県内でも評判の弱小校。

県大会は常に一開戦負けの常連校です。

 

高校野球の弱小校ってちゃんと練習してないんだろ?と思われがちですが、

実はちゃんと練習しています。

それも大真面目に。

当時、監督を務めていた顧問の先生は非常に厳しい先生でした。

 

一年生から入部して、

休まずに練習に通い続けました。

部員は全員で12人しかいませんでした。

そのうち、高校から野球を始めたのは7人。

しかも上級生は2人だけ。

 

余裕にレギュラーや!とか思っていたら

ないがないが、全然補欠でした。

 

 

当時のぼくは体がガリガリで速球にバットが押されて、

打てたとしてもセンター前ヒットくらいでした。

 

そんな感じで気づいたら三年生。

何とかしてピッチャーになったものの、

四番手ピッチャー。

四番ピッチャーじゃなくて四番手のピッチャー。

 

チームメイトには戦力外と言われる始末。

あぁ、こんなはずじゃなかったはずなのに。

 

そして、

三年間の集大成がやってきました!

夏の県大会です。

 

勝負は開幕戦!

負けたらこの夏、県内で一番早く負けた高校になります。

相手は中堅校でした。

 

補欠のぼくは試合をベンチから応援します。

すると・・・

 

ぼくの声援に反して、

チームは初回で7失点。

 

このままいくと7回コールド。

けど、まだ初回です。

 

けど回はどんどん重ねていく。

いつのまにか6回に。

そして6回も無得点でこのまま点が入らなければコールド負けの7回に。

 

顧問はエースと心中。

補欠のぼくに一切、目を配らない。

 

最後の回になり、最初のバッターはファーボールで出塁。

その後、何とか塁に進めてノーアウト2塁。

 

けど、

簡単に後続が倒れてツーアウト。

スタンドからは両親が観戦している。

子供が出ない試合を観戦させてしまい両親には本当に心から申し訳ないと思いました。

 

そして

ついに最後のバッター。

このバッターがアウトになれば、僕は高校三年間、公式戦に一回も出ないまま高校生活が終わります。

本当にしょうもない。何だったんだこの三年間。

本当に心から思っていました。当時は。ちなみに今も。

 

コイツ、思い出代打でも補欠の僕を使わないんだな・・・と監督にめっちゃ思っていました。

 

そんなことを思っていたら、

カキーーーーーンとすごい音が。

チームメイトがツーベースヒットを打ったのです。

 

そしてランナーが帰り、1点。

なんとかコールドはなくなりました。

 

次の8回の攻撃になって、

監督から声がかかりました。

次の打席、代打で行くぞと。

 

そして、

公式戦初めてのバッターボックスに立つ。

親父があんなに僕を応援する姿を初めてみました。

 

そして、

カーンを打つとファーストライナー。

そのまま試合は終了。

 

最後、監督から引退する僕たちへの言葉がありました。

そして、

僕たち三年生は1人ずつ三年間の思い出を語っていきました。

 

僕が語ったのはもっと試合に出たかった!

・・・といつもは遠慮をする言葉を泣きながら話しました。

 

最後の最後。

監督に試合に全然ださなくてすまなかったなと言われました。

 

今でもずーっと記憶に残っています。

 

監督に会ったら、

ぼくみたいな選手を1人でも作らないでくれと言いたいです。

弱小校なのに甲子園に出るような戦い方や起用法をしなくてもいいじゃないか。

 

ある県内の中堅高校は、

必ず補欠選手にも練習試合&公式戦で出場機会を与えるんだそうです。

それでチームの競争意識を活性化させるんだとか。

 

ぼくは練習試合でも補欠。試合でも補欠。

試合なんかよりも練習のほうが何百倍も楽しかったです。

 

チームに協力もできず、雑用しかしなかった試合。

今思うとあの部活動は何の時間だったんだろうかと思います。

 

それから

ずーっと負い目を背負って生きています。

部活動・・・

それは僕にとって非常に大きい嫌な記憶を与えるものでした。

 

いつか見返してやりたいです!

野球じゃなくて人生で!当時の監督に!